知っておきたい葬儀についてのあれこれ

葬儀を決める時の注意点

最近では家族葬や火葬式など様々な葬儀のスタイルがある分、どういう風に葬儀を行うかを決める事が最大の決断といえます。特に、一般的な葬儀で行う場合は悩まなくても済むのですが、家族葬や火葬式などを選ぶ場合、親戚の事を考えたり、または後からの事を考えても近しい家族が後悔しないような形で故人を送ってあげる事が必要です。

お祝いごとのように、自分達の考えだけではすすめられないのが葬儀です。後々トラブルにならないためにも、葬儀のやり方を決める時は喪主の判断が一番大切ですが、故人が親の場合、自分の兄弟と話し合う事はもちろん、親の兄弟にもしっかりと考え方を伝えておくことが大切です。そうすることで葬儀後のトラブルに発展する事なく平和に葬儀を進める事ができます。

他の事は目をつぶっても葬儀に関しては昔からの流れや慣習を大事にする人たちも多いため、必ずしも家族だけで送る事がいいとはかぎりませんが、あくまでも決めるのは喪主である自分自身とその兄弟です。自分の親に不幸があった場合どうするか、日頃から兄弟で少しずつでも話し合っておくといざという時にも話をまとめやすくなります。そのため、元気な時にしっかりと方向性を決めておくことも大切です。その時も誰かがリーダーシップをとる必要があるので、その役割を喪主ができるように準備しておきましょう。