知っておきたい葬儀についてのあれこれ

葬儀の流れ

親や配偶者など、身近な人が亡くなった時、悲しんでいる間もなくやってくるのが葬儀の段取りです。特に初めて喪主を務める時は、何から始めていいのかわからないほどバタバタとしてしまうものですが、ある程度葬儀の流れを知っていると上手に忙しい時を乗りきる事ができます。不幸な出来事だからこそまだ先の事と後回しにしてしまいがちですが、どうしてもその瞬間を選べないのが親しい人との別れです。いざという時のために、事前に別れの準備をしておくことが大切です。

一般的な葬儀の流れは、お迎え、ご安置、通夜などの順で執り行われます。家族葬や火葬式などはよりシンプルな順序で行なわれますが、流れは大体同じです。亡くなってすぐにやる事は葬儀社に依頼をして迎えにきてもらう事です。そう考えても依頼しようと思っている葬儀社をある程度絞っておくと、葬儀社選びから始めるよりもスピーディーに進める事ができるのでおすすめです。

いざという時はいきなりやってくるものです。その時に焦ってしまわないためにも、事前の準備と心構えはとても大切な事といえます。心の余裕があるうちに終活セミナーに参加してみるなど、様々な角度から葬儀のやり方を学んでおくことが必要です。