知っておきたい葬儀についてのあれこれ

葬儀後の過ごし方

親や兄弟、祖父母など特に自分から見て近しい人が亡くなった時、葬儀の準備に追われ亡くなった悲しみに浸る事なく時間がただ過ぎていく事があります。そうなると、葬儀など慌ただしい日々が全て終了した後に一気に悲しみが溢れてくるのも現実です。

そんな苦しい時でも、弔問の方がこられたり書類上の手続きにいかないといけないなど様々な事を処理して行かなければいけません。そんな時にしっかりと周りの人がフォローしてあげられるように連携をとっておくことも大切です。

葬儀の段取りもそうですが、葬儀が終了したあとも周りと協力してさあえあうようにしましょう。また、葬儀が家族葬や火葬式などごく近しい親族だけで行った場合、葬儀後の方が忙しくなる事もあります。特にお知らせしていなかった親族への連絡や訪ねてくる人のおもてなしなど、様々な事が発生してくるのでその時のための説明がしっかりできるように、家族の間で話しておくようにしましょう。

また、納骨まで数か月あるといってもお墓の準備がまだの場合はお墓の購入などの検討はもちろん、仏壇の購入など納骨までの間にも色々な事をこなしていく必要があります。葬儀から始まり納骨が完了するまでの間の段取りをしっかりと組んで対応していく事が必要です。