知っておきたい葬儀についてのあれこれ

最近の葬儀のやり方

お葬式と聞くと、葬儀までに1日、2日ご安置してその後通夜、告別式という流れを思い浮かべますが、最近は小規模で執り行いたいと思っている人も多くいるため、参列者を極力少なくする家族葬や火葬式などのスタイルもあります。

昔ながらの葬儀の場合、病院から自宅に戻り1日一緒に過ごしてから翌日通夜、その翌日に告別式、初七日のお経もらって火葬という流れになりますが、最近は喪主が別に暮らしていて遠方から来ていたり、故人が高齢などの理由から家族葬などの小規模で行う事が多くなっています。この場合、参列する人数が少なくて済むというメリットと、通夜と告別式を同時に行ったり、火葬式の場合はそれらも省くなど、時間的にも早く進める事ができるというメリットがあります。特に小規模での見送りを故人が望んでいたり、残された家族の意向が強い場合は、これまでの形式にとらわれる事なく葬儀を行えるようになっているのが最近の葬儀のスタイルと言えます。

小規模で行う葬儀はメリットもありますが、参列しない親戚などへの配慮も必要となるため、葬儀を行うのと同様に心遣いが必要となります。小規模だから楽というわけではなく、一緒に悲しんでくれる人に寄り添う事も忘れずに葬儀を行うようにしましょう。