知っておきたい葬儀についてのあれこれ

知っておきたい葬儀についてのあれこれ

故人との別れを惜しんでいる間もなく、喪主になる人は一気にお葬式の準備で追われるようになります。特に、お葬式の準備は病院で息をひきとってからすぐに始める必要があるため、まもなく臨終という時から準備をする人もいます。しかし、決してそんな気になれないという場合もあるため、まずは日ごろからもしもの時を考える余裕を持っておくと、いざという時に判断に追われる事なく納得のいくお葬式の手筈を整える事ができます。大切な事は、事前の準備と知識です。お葬式についての知識を持っておくといっても、難しく考える必要はなく、まずはお葬式の流れを頭に入れておくことが大切です。

病院で亡くなった場合、まず初めに病院へお迎えにいき、自宅もしくは斎場まで連れてきてもらう必要があります。ここからがお葬式の始まりと考えておきましょう。葬儀社の人はその点は慣れているので、依頼が合った時にしっかりと流れを説明してくれてます。もちろん24時間受け付けしていつでも駆けつけてくれるので、電話ですぐに動き出す事が大切です。この時重要になるのが葬儀社選びですが、めぼしい葬儀社を事前に探しておくか、もしくは病院や介護施設から渡された葬儀社のリストの中から選ぶなど、その時の状況によって葬儀社を選ぶようにしましょう。また、この時お葬式の流れを頭に入れておくと葬儀屋さんとの話もスムーズに進みます。ご安置、通夜、告別式、初七日、火葬というのが一般的なお葬式の流れですが、遠方から駆け付けた場合や故人が高齢の場合、必ずしも慣習に沿った葬儀を行う事はありません。その時の状況で最善の方法で送ってあげる事が故人にとっても家族にとっても大切な事であるため、その状況に応じてお葬式の段取りを決めるようにしましょう。

最近の葬儀の流れとしては、無宗教でやる葬儀や自由なスタイルの家族葬、シンプルに小規模で故人を送れる火葬式など、様々なお葬式の形があります。自分達はどのようにして故人を送ってあげたいかを葬儀社に伝えて、より自分達の想いにあったお葬式を選ぶようしましょう。

お葬式の形を決める時には喪主だけで判断するのではなく、家族全員の想いを一致させておくこともお葬式後のトラブルを防ぐためにも必要です。特に親のお葬式の時は兄弟がいるなら兄弟との意見をしっかりとまとめておくなど、後の事も考慮して決めるようにしましょう。お葬式は故人との別れをきちんと行うための大切な儀式です。心の準備をするためにも皆が納得のいく形で執り行い、すっきりとした形で送ってあげる事が大切です。

お知らせ